版画学会研究発表

December 2, 2016

過去数年にわたり取り組んだ課題「ノントキシック版画技法の普及に向けたワークショップの開発」の成果報告を行います。

 

日 時:12月3日(土) 14:30~16:00
会 場:町田市立国際版画美術館 講堂 ※聴講自由
発表者:
  ・春野修二(福岡教育大学大学院美術教育学専攻修了)
   「森永恭典の木版画制作 
    ― 2007~2015:木版からクロス使用の版表現に至るまで ―」
  ・三宅由里子(情報科学芸術大学院大学修了)
   「細胞へのまなざしと表現 
    ― 作品《microscopic 2》制作過程についての考察 ―」
  ・湊 七雄(福井大学教育地域科学部准教授)
   「ノントキシック版画技法の普及に向けたワークショップの開発

 

http://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2016-313」

 

町田市立国際版画美術館
〒194-0013
東京都町田市原町田4-28-1
電話番号 042-726-2771・0860・2889
FAX 042-726-2840

 

・研究報告の内容はオンラインでご覧いただけます。

 

学会誌 第45号

http://cuapsj.org/wp/wp-content/download/journal/JournalNo_45.pdf

 

 

タグ:ノントキシック、版画

Please reload

Featured Posts

ノントキシック版画国際シンポジウム2019金沢

January 25, 2019

1/1
Please reload

Recent Posts

October 25, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload